WORDPRESS DISABLE VISUAL EDITOR

[WordPress] 固定ページのビジュアルエディタを使用不可にする

WordPressでウェブサイトを構築すると、固定ページにHTMLをゴリゴリ書いた内容を登録することが多くなります。登録した内容をビジュアルエディタで編集すると表示が崩れるので、ビジュアルエディタの使用不可にしたいことがありますが、その方法です。

functions.phpに以下のコードを挿入します。

function disable_visual_editor() {
	global $typenow;
	if ($typenow == 'page') {
		add_filter('user_can_richedit', 'disable_visual_editor_filter');
	}
}
function disable_visual_editor_filter() {
	return false;
}
add_action('load-post.php', 'disable_visual_editor');
add_action('load-post-new.php', 'disable_visual_editor');

グローバル変数「$typenow」には登録タイプ名が入っています。3行目の page の部分を post にすると、投稿ページのビジュアルエディタを消すことができます。

関連記事

  • WordPress[WordPress] テーマファイルのみgitに登録する テーマフォルダのみgitに登録する.gitignoreの書き方です。 wp-admin wp-includes wp-*.php **/wp-content/languages **/wp-content/uploads **/wp-content/upgrade **/wp-con […]
  • facebookFacebookのOGPの内容を再読み込みさせる WEBサイトを公開する前の制作段階ではBasic認証で保護しておくことがありますが、その状態でページに設置した「いいね」や「シェア」をすると、以下のような 401 authorization required […]
  • 夏季休暇のお知らせ夏季休暇のお知らせ 平素は格別のご愛顧を賜わり、厚くお礼申しあげます。 さて、誠に勝手ながら弊社では下記の期間を夏季休業とさせていただきます。 期間中はご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。 夏季休業期間 2018年8月11日(土) – […]